県民共済と普通の生命保険の違いとは?組み合わせることはできる?

一般的にサービスなどの評判は悪評の方が頭に残ってしまうことが多いそうです。

保障内容の見直しや契約状況の確認をしてくれる保険無料相談サービスではどんなイメージがあるのでしょうか。

口コミサイトを見てみると利用者の多くが相談前は「相談したら結局保険を契約させられそう」という印象を持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に相談してみた人によると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と言ってくれて安心できた、本当に相談・確認だけでもOKだったなどイメージとは全く違うことがわかりました。

なので保険の見直しを考えている人は安心して利用してみてください。

最近様々なところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?といった疑問や無料で営業できるのか理由を調べてみました。

調べた結果、各サービスは保険会社からの契約手数料を収益という形で受け取っているからです。

つまり、相談サービスを行なっている会社としては、勧めた保険に切り替えてもらうことで収入になります。

そのため、お客様目線で対応してくれるサービスが多く「相談に行ったら強引に契約を勧められそう」心配事は評判が悪くなるのでほぼ起きないと思って良さそうです。

Tポイントやポイントサイトで現金などと交換できるポイントが保険無料相談で付与されるキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスは有名ではないものばかりで本当にポイントがもらえるかわからないですよね。

多くの場合、何回か面談を実施し、アンケートに回答するとポイント付与という流れが多いです。

そのため、初回の面談等で契約の見込みがないと見られたらその後の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件に満たない状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイントのために申し込むことはやめましょう。

プロによる保険無料相談を行っているいくつかの会社を、いろいろな視点で見ることができる比較サイトというものがあります。

よくポイントとして挙げられるのが、面談までのやり取りが簡単にできるかどうか、また提案できる商品が豊富にあるかどうか、それから一番重要なのはFPさんについてでしょう。

場合によっては数百万でもきかない金額になるものですから、数社で面談をした結果をじっくり比べて検討しながら、信頼のおける素敵なFPさんと一緒に今後のことを考えていけると良いですね。

一時期、いろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォン業界では額が大きすぎて本体金額よりもキャッシュバックされるようなこともあり問題になりました。

同様に保険無料相談サービスでも商品券プレゼントをしていました。

この1、2年はそういったキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

それもそのはず、2017年に金融庁が出した指針で高額キャッシュバックや高額なギフト券などをプレゼントするプレゼントするのを禁止としたからです。

そのため、保険相談業界ではお米や牛肉などの換金性の低い景品プレゼントに変更しているサービスもあります。

皆さんは買い物に行って強引に何かを買わされたというような経験や体験談を聞いたことはありますか。

中には、保険相談時に虚偽説明や説明不足な状態で不適当な保険内容で加入させられたという人もいるそうです。

他には、保険金を請求したら告知義務違反で保険料がもらえなかったという人もいるそうです。

そんな時にどうしたらいいのかわからないですよね。

保険は人生で2番目に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルを専門にしている弁護士もいます。

こういった問題が起きた時には弁護士に相談してみるのも一つの手です。

勇気を出して保険無料相談をA社に行ってみたら保険の乗り換えを勧められた。

保険は家の次に高い買い物と言われています。

そのFPが信頼できると感じてそのまま変更するのも良いのですが、できればA社の提案内容を受けた後にB社、C社にも相談をして提案内容を比べるのをおすすめします。

その際の注意事項としてA社の提案内容をB社にも見せると価格競争を始めてしまう、A社にない提案ばかりしてくる可能性があります。

一番理想的なのはB社に提案内容を見せた時に「この内容でほぼOKです」と言うくらいの人だったらとても信頼できると思っていいです。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社に提案内容を見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

保険相談の際は大きく分けて来店タイプと訪問タイプとが利用できますが、訪問タイプでは面談するFPさんを選べないために、残念ながらうまくいかなかったという話も見聞きすることがあります。

たとえば押しに負けて合わない契約をしてしまうということもあり得ます。

威圧的な態度をとるなどして断りにくいように話の方向を持っていくような人では、長く付き合っていくのも難しいでしょうからお任せするのは考えた方が良いかもしれません。

そんな失敗を避けるためには、自分でも勉強して面談時には誰かに一緒にいてもらうなどしましょう。

ネットで少し検索すれば、数ある保険無料相談会社についてさまざまなクチコミが見られます。

つまり多くの人が不安や疑問、また強い興味を持っていて、できればプロに話を聞いてみたいと思っているのでしょう。

そして同じくらい面談についても気になっているのだと思います。

特に訪問タイプについて評判が知りたい人も多いかと思いますが、気にするべきところはFPさんの提案力や理解力、そしてまたこちらの希望を聞く姿勢です。

気になった会社があれば、どんなFPさんだったのかを詳しく調べてみると良いでしょう。

保険料を節約しようと思っても、相談に行く時間がないからどうしようと悩んでいる方への解決方法があります。

保険無料相談サービスの中には、相談内容のやりとりをメールで完結できるサービスもあります。

なので、受付時間は24時間365日と制限がなく、返信内容の確認も通勤中など空いた時間に回答の確認・返信ができます。

もし、書いてある内容がわからない、こちらが伝えたいことが十分に伝わっていないと感じたときには、電話で直接相談することも可能です。

相談の必要がなくなったときもメールで断れるので楽な気持ちで相談できそうです。

時折見かける、「保険無料相談で牛肉などの景品プレゼント」という宣伝ですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

昔はFPにお金を払って相談するのが主流でした。

ここ数年で急速に有料で保険相談をする時代が終わり無料で相談ができるサービスが増えました。

後から相談サービスに参入してきた企業は自社の保険を是非とも契約して欲しいと考えています。

そこで無料相談窓口が増えたためそこから金融庁から相談者特典で商品券を渡してはいけないという指針を策定しました。

保険見直しの機会を作ってもらいたいという考えから始まりました。

営利企業なのになぜか無料で続けられているサービスがあります。

そこには何かカラクリがあるはずです。

例えば、保険無料相談サービスの場合では相談サービスを行う会社の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

つまり、FPが提案した保険を相談者が契約することによって保険会社から手数料がサービス会社に入るという形です。

契約が発生しないとサービス会社には収益が発生しないので、生活状況に対して無理な保険を勧めることはまず、起きないと考えてもいいです。

また、加入中の保障内容を忘れているから確認だけ、という方も相談無料なので安心して利用してください。

テレビで保険無料相談のCMを見ていると疑問に思うことがあります。

それは有料保険相談も存在しているの?ということです。

結論から言うと存在します。

相談サービスは元々有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でのメリット・デメリットは何があるのでしょう。

無料相談サービスでは、FPは相談者と面談するだけで報酬は発生せず、提案した生命保険に契約してもらわないと保険会社から手数料をもらうことでお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって収入の高い保険)を勧めてくる人が中にはいます。

逆に、有料の相談の場合、無料相談と比べ販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いようです。

タダでプロと一緒に保険の見直しができるのに、そのうえ商品券までもらえるなんてお得ですよね。

もらうためにはどうすれば良いのかというと、簡単なところでは面談を受けるだけだったり、面談後のアンケートに答えたりといろいろなようです。

一社でもらえる金額は数千円ですが数社受ければ大きなお小遣いになることは間違いありません。

ただし、もちろんもらうことが目的と判断された場合は無理なので、ついでにもらえたら嬉しい贈り物と捉えて本来の目的をしっかり果たせるようにしましょう。

皆さんは自分の契約している保険の内容を十分に把握していますか?少しでもわからない保障があれば確認しておいた方がいいです。

その際、便利なのが保険無料相談サービスです。

例えば、病院で病気治療を受けたときに現在契約している保険ではいくら受け取れるかや家が地震で崩れてしまった時の震災保険などは、日常的に意識しないので保障内容を忘れていることもあります。

そこで、無料相談サービスを活用することにより現在の保障内容やライフプランに合っているかを確認しましょう。

相談した結果、ほとんど同じ内容なのに月額を低く抑えることができたという話も聞きます。

参考:県民共済と普通の生命保険の違いとは?【どっちがいいの?】

もし保険についての話が無料で専門家とできるなら、それを無駄のない時間にできるようにするべきです。

見直しをお願いする際のポイントとしては、今の保障内容や月額料金、またそれらのバランスはどうか?自分のライフスタイルに合った保険なのか?ということです。

面談までの準備として人生設計について多少考えておき、健康診断の結果などあれば用意しておきましょう。

するとFPさんもより提案しやすくなり内容も具体的になります。

最終的にはどこと面談をするかも大切になってくるので、それについてもしっかり選びましょう。

世間には無料で保険相談に乗ってくれる会社がたくさんありますが、テレビでCMを見たり町中で店舗を見かけたりして良く知られる会社のひとつに「ほけんの窓口」があります。

いくつもある来店型店舗の中でも知名度が高く、ネットなどにおける口コミや体験談がたくさんあるのもありがたいところです。

FPさんと初めて面談する際は基本的なところの説明から始まり、不安な点や疑問にも的確に答えをくれるそうなので比較的満足度は高いようなのです。

また取扱っている商品の数も多いので、FPさんの提案にも幅が出ることでしょう。

世の中には無料なのに続けられているサービスがあります。

無料でも続けられているのはどこかにカラクリがあるはずです。

例を挙げると、保険無料相談サービスの場合では相談サービスを行っている企業の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

つまり、FPに相談をして提案された保険を契約することによって保険会社から手数料がサービス会社へ渡されます。

そのため、加入してもらうことが重要なので、生活状況や希望条件に対して無理な保険を勧めることは基本的に起きないと思っていいはずです。

相談自体は無料なので、安心して利用してください。

ネット等から評判を集めるのも、良い保険無料相談会社の選び方のひとつです。

それぞれの会社でどんなFPさんと会えてどんな提案をされたのか、注目して見ていくと良いと思います。

良いFPさんならある一社の商品ばかりを勧めることはほぼありません。

顧客側の希望もしっかり聞いて考えてくれるので、それぞれの生活に無理なくなじむ提案である上に、意外でありつつ納得感や満足度の高い提案を受けることもあるそうです。

どこでお願いするかの最優先はFPさんの質なので、一度いろいろなところで面談をお願いしてみて、比較検討を重ねた上で決断することをおすすめします。

相談者を募集するキャンペーンで相談者特典として商品プレゼントをする保険無料相談サービスをネット上を中心に見かけます。

大半の方が、とりあえず保険相談の申し込みをしたら商品プレゼントされると思っていますがそれは間違いです。

一般的には数回の面談後、アンケート回答などを商品贈呈の条件にしている企業が多いです。

別の注意点として、申し込んだからといって必ずしも面談の予定が確定できるわけではありません。

特に、中小の相談サービスに申し込んだ場合は、大手サービスに比べてFPの登録者数が少ないため面談の予定が決まらないことがあります。

将来の人生設計を考えて保険の加入を考えている方、相談をするならサービスを選びましょう。

近所の駅前にあって行きやすいからという選択もいいのですが黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスを選ぶ方法もあります。

申し込みの流れとしては、HPの予約フォームから相談日を決めて、現在の保険内容の確認や保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしてそうで質が悪そうな考えもわかります。

FP紹介サービスでは、評判をとにかく気にしているので評判の悪いFPは登録解除を行うサービスもあるほど評判を気にしています。

最近ネット広告など様々なところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?といった疑問や無料で営業できるのか理由を調べてみました。

その理由は各保険会社から契約成立時に手数料が主な収益にして成り立っているからです。

つまり、相談サービスを行なっている会社としては、勧めた保険に切り替えてもらうことで収入になります。

そのため、特に評判を気にしている業界となり「相談に行ったら勧誘がしつこそう」といったといった心配事は風評を気にする業界なのでまず起きないと思って良さそうです。

思い切って保険無料相談をA社のFPにしてみたら保険の乗り換えを提案された。

保険は家の次に高い買い物と言われています。

そのFPが信頼できると思えたならそのまま乗り換えるのも良いのですが、できればA社に提案された後に別のB社にも同じ内容で相談をして提案内容を比べるのをおすすめします。

その際の注意事項としてA社の内容をB社に見せると担当者によっては本当に必要な保障まで外して価格面だけを重視して提案してくる可能性があります。

B社に見せた時に「A社の内容でOKです」と言うくらいの人だったらとても信頼できます。

ぜひ、B社のFPに頼みましょう。

B社に見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

マイルやポイントサイトで交換できるポイントが保険無料相談でもらえるキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスはあまり名前を聞いたことのないものばかりで本当にポイントがもらえるのか心配ですよね。

多くの場合、数回の面談を実施し、アンケートに答えると付与されるという形式が多いです。

そのため、最初の面談等で契約をしないと判断されたらその後の面談をなかなかしてくれないなどポイント付与の条件に満たない状態のままになる可能性があります。

そのため、ポイント目当てで申し込むのはやめましょう。

よくある保険相談に来店タイプと訪問タイプがありますが、特に後者のタイプでは担当者を選びにくくなっているので、話し合い中のトラブルの話もちらほら見かけることがあります。

押しの強いFPさんに当たってしまうと、納得できない契約をしてしまうことも考えられます。

すぐに決めさせようとしてこちらの弱みに付け込むような方法をとるFPさんでは、満足なアフターケアも期待できないので一度離れた方が良いかもしれません。

そんな失敗を避けるためには、自分でも勉強して家族や親せき、などに同席してもらいましょう。

皆さんは自分の契約している保険の内容を十分に把握していますか?少しでもわからない保障があれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険無料相談サービスです。

例えば、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら支給されるかや家が火事で燃えてしまった時の保障などは、日常的に意識しないので保障内容を忘れていることもあります。

そこで、無料相談サービスを利用して確認することにより現在のライフプランに合っているかを見直しましょう。

場合によっては、ほとんど同じ内容なのに月額を低く抑えることができる場合もありますよ。

よくCMなどで聞く保険無料相談、あの人たちってどうやって収入を得ているの?その答えは、FPが提案した保険に相談者が加入した際に手数料が支払われるからです。

このシステムは相談者にとって良い面が多いです。

その理由としては相談者が契約して初めて収入があるということは、契約してくれなければFPは収入がないため、保険紹介の質、紹介する保険の質を高めなければなりません。

そのため、保険自体が相談者のライフプランに合致していて、FP側も説明をよりわかりやすくしてくれるなど良い面ばかりです。

なので、現状のままの方が最良なら別の保険を勧めたりもありません。

皆さんも自分だけで考えずに気楽に相談してはどうでしょう。

便利なネット検索を使って調べれば、世の中には多くの保険無料相談会社があります。

中にはより多くの顧客獲得を狙ってキャンペーンを実施している場合もあります。

気になるその内容はといいますと、主に商品券やギフト券、また現金などをもらえるというものでした。

もらえる額はそれぞれ異なりますが、2000円から7000円ほどといったところでしょうか。

提案内容を比較するためにも数社と面談することはあり得ますが、こういったことを会社選びの参考にすればわずらわしいことも少し楽しくできるかもしれませんね。

2017年4月の金融庁が出した指導により保険無料相談後に高額なギフト券を相談者へプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指針を受けて各サービスでは、商品券からお米や牛肉など「換金性の低い特定の商品」へ変更しています。

また、現在も商品券をプレゼントするキャンペーンを行っている相談サービスもありますが、これは明らかにルール・法令違反なのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスを探しているのならば、キャンペーンだけでなくサービス提供している会社の評価などを調べて選びましょう。

予約なしですぐに相談をしたいなら近所の保険ショップに直接行く選択肢もあります。

保険無料相談サービスの使徒上から商品券をプレゼント!というキャンペーンを最近は見なくなりました。

調べてみると、2017年4月の金融庁の指導によって相談者に対して高額な商品券をプレゼントという販促活動をするのは禁止になったからです。

正確な金融庁の具体的な指導は換金性の高い商品の提供を禁止したことです。

逆に言うと「換金性の低い商品なら問題ない」とも解釈できるので一部のサービス業者では商品券から「換金性の低い特定の商品をプレゼントする」と言う方法で宣伝をしている状況に変わっています。

そのため、高額な商品券をプレゼントするキャンペーンはなくなってしまいました。