こどもの日関連物について!

このように、色々なものがありますよね。どれも端午の節句に関係あるものになります。しかし、この意味までは、なかなか知っている人も少ないと思います。どんな理由があるのでしょう!?また、由来はなんなのでしょう。これらを知っていれば、ただお祝いするより端午の節句もより奥深いものとなりますよね。まず、こどもの日と言えば、なんと言っても鯉のぼりがあります。昔ながらの庭に立てる大きいものがあります。また、ベランダに立てる中くらいのサイズのものもあります。更には家の中にも飾れるもっと小さい物もあります。また、子供が持って振り回せるくらいの小さいものになりますね。(汗)(笑顔)今では、本当にいろいろな鯉のぼりがあります。江戸時代からこの風習に似たものがあります。武士の家には、上り旗を飾ってありましたが、ご存知ですか。庶民にもこの文化が広がったと思います。現在のこどもの日である端午の節句をお祝いするようになっています。それで鯉のぼりを飾ったと言うことです。そもそも、鯉のぼりは、日本独自のものではありません。中国の竜に由来していると言います。また、中国で、鯉は急な流れの黄河を上る習性があります。ですから、「めでたい魚」、「出世魚」と言うことですね。「子供を守って下さい!」と言う思いを込めたと言うことです。それを天にいる神様に知らせたと言う説もあります。