非常食は日頃から備蓄しておくべき?

そんな時、ニュースの台風情報が気になると思います。
誰でもそうですよね。
その時に表示されている警報と注意報についてですが、警報と注意報の違いって何なんでしょう!?警報なら、警戒しないといけないと思いますよね。
注意報なら、「大丈夫かな?」(笑)(汗)(汗)災害は、気象現象の強さと、それぞれの地域の社会的環境、また季節などの違いにより様々なパターンで起こります。
地盤のゆるい所は、土砂災害が多くなります。
また東京の様な都心では、少しの雨風でも電車、バスなど交通機関はストップします。
あと帰宅難民が大勢でてしまう可能性もあります。
状況が悪い時には、会社で待機することが出来るように、水、食糧、毛布など、日頃から備蓄しておくよう指示されている会社もあります。
気象台には、地域ごとに過去に災害が起こった時の気象の状況と災害の起こり方との関係を調査します。
そして、それを参考に都道府県の防災機関とも協議します。
また、災害の恐れがある時の気象の強さの目安を作成します。
※この目安を「注意報基準」、「警報基準」になります。
また、環境の変化とか、災害の状況の変化などに対応します。
こうして常に点検を行います。
そして私達に警戒を呼びかけます。
私達がその基準を確認したい場合、気象庁ホームページに掲載されます。
(笑顔)
非常食は何を用意する?