慢性的な人材不足の看護師業界は求人多い?転職する人も多い?

看護師業界は慢性的な人材不足に陥っていますし、人材不足がゆえに一人一人に課せられる仕事量も多くなりがちです。
交代勤務を代表に看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。
入院中の患者さんについての状態を全て理解して、しっかりと申し送りをする看護師に、言い忘れなく伝えておかなくてはいけません。
伝言程度で終わるケースも少なくないですが、医療的に重要な処置等に関しての申し送りは重い責任の仕事だと言えます。
看護師って医療関係者で堅実な職業というイメージですが、けっこうしんどい仕事の割には給料は多くないです。
婦長クラスにまで昇進したらともかく、その他の多くは割にあわない額なのです。
賃金の低さに嫌気がさし退職する看護師も稀ではありません。
日本全国の看護師の年収は平均すると437万円あたりです。
けれども、国立、私立、県立などの公立病院に勤める看護師は、公務員としての仕事のため、平均年収は593万円ほどになります。
公務員看護師は給与上昇率も民間病院より上で、福利厚生もしっかりしています。
準看護師だと、看護師と比べると平均年収がだいたい70万円ほど低いです。

看護師として一般企業へ転職可能?【病院以外の求人探しどう?】