住宅ローンを組む時に気になる金利の比較方法は?

住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。
住宅ローン借り換えの金利をわけると固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行から薦められる事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
どこの会社の住宅ローンを選ぶかこれも大切なポイントですが、それよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数なのです。
その理由として固定を選択すれば、一定の金額を支払えば良いので試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。
ですが、変動を選ぶと月々にかかるお金も一定でないために返すべき残高も推測でしか計算する事が出来ません。
それなのに、低い金利が続いている今の世の中では約4割の方が変動でローンを組んでいるという結果もあります。
他の方がどのような選択をされているのかも一つの目安として、後から後悔のない選択が出来ると良いですね。
住宅ローン借り換えは長年支払いをする物ですから、最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
そんなフラット35の審査は、一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
一般的なローン同様、重要視されます。
それに加え、フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。