インターネット光に乗り換えるときにはいくつか注意することがあります

インターネット光回線を乗り換える場合には、いくつかの注意点があります。
一番重要なポイントは、「にねん割」や「ギガ得プラン」など、一定期間の契約で受けることができる割引です。
通常は2年間の契約で自動更新されるタイプが多いので、放置しておくと永年契約になっています。
契約期間途中で解約すると1万円前後の違約金が発生します。
プロバイダーだけでなくキャリアも替えるとなると2重に違約金を徴収される可能性もありますから、別契約をしている人は特に注意が必要です。
一方で、業者にしてみれば、違約金があるために新規顧客の確保が困難になっているので、最近では「違約金は当社で負担します」という大胆なキャンペーンを行っている強者代理店も出てきました。